~Bizlog~

電波に埋もれる毎日。

iPhone7を数日使ってみて~カメラ編~

iPhone7に機種変更して数日使ってみた感想を…

 

 

まず大きく改良されたカメラから。

 

 

iPhoneは毎回新しい端末を出すたびに、”全く新しいカメラ”というキャッチでアピールしますが、正直体感レベルで変わった!となった記憶がありません…笑

 

 

 

まあインカメラの画素数が上がったときは少し感じましたが、劇的な変化は感じられませんでした。

 

 

 

が、今回はとんでもないほど進化してました!

 

もはやFelica対応よりカメラ推しの方がいいのでは?と思うくらい。

 

 

 

 

iPhoneってカメラ機能は良いんですよ!

素人がさっと撮ってもそれなりの写真がとれる。

さらっとパノラマ写真、スローモーション、タイムラプスなど…

 

ユーザーの遊び心に応えた機能が満載なんですが。唯一不満なのが…

 

 

 

 

 

 

夜間の写真。

 

 

 

夜景や、薄暗いところ、逆光のなどの撮影はめっぽう弱かったんです…

 

 

 

夜景なんてものすごく暗い。

 

 

肉眼と全然違う風景が撮れてしまうという…

 

 

 

 

 

しかし!iPhone7からは違います。

 

 

 

ビックリするぐらいリアル!

6sと比べても違いは歴然!

 

 

夜景の撮影は光量がすくないのでノイズが多く、写真が暗くなってしまうんですが、この光を取り込み量が大きく改善されたのです!

 

 

 

 

カメラのF値が2.2から1.8に!!!

 

 

このF値は数字が低ければ低いほど光をよく通すカメラになります。

 

 

簡単に言うとiPhone6sに比べて約1.5倍以上の光の取り込み量になったわけです。

 

 

結果暗闇での撮影にとても強くなったわけですね!

これはライトにカメラをパシャパシャ撮る人にとっては朗報です。

 

本当に綺麗なんです。※比較画像は後日…笑

 

 

 

 

 

 

 

ここに高額手振れ補正もついたのでもう完璧です。

コンデジカメラ要らなくなりましたね…

 

 

 

iPhone7Plusにはさらに光学ズーム機能も付いて、もう最強。

デジタルズームは10倍まで可能です。

アップデートで一眼レフのような背景をぼかした写真も撮れるようになるんですって。

 

 

 

本当にカメラの進化は素晴らしいです。

 

 

 

 

カメラの機能だけでも買って後悔はないのではないのでしょうか?

 

 

その他の機能はまた後日…

 

 

 

 

www.biz-mo.com

iPhone7

本日発売のiPhone7。

 

 

もちろん。

予約してました!笑

 

 

もちろん。

届いていました!

 

 

f:id:kametak01780504:20160916232006j:image

 

iPhone7  128GB  ローズゴールドです。

 

 

f:id:kametak01780504:20160916232203j:image

 

開封!

 

 

毎年この開封はクセになりますね笑

 

なぜローズゴールドか??

 

 

新色のブラックもしくは、ジェットブラックではなかったのか??

 

 

正直少し心惹かれたんですが…

 

 

私、iPadがローズゴールドなので…揃えようかなと!

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kametak01780504:20160916232415j:image

 

 

これが例のLightening Ear Pods

 

なんだか…

最初は変な感じです…

 

 

今まで生きてきて、イヤホンは3.5mmのイヤホンプラグでしたからね…

 

 

f:id:kametak01780504:20160916232839j:image

 

 

 

そしてこれが変換プラグ。

 

 

うーん。

 

なんだか。これも変な感じです…

 

 

 

iPhone6sとの比較!

 

f:id:kametak01780504:20160916233001j:image

 

 

発売当初は酷評だったDラインが無くなってます!

 

 

f:id:kametak01780504:20160916233137j:image

 

カメラも大型化して光学手ブレ補正機能が付きました!

 

 

このカメラデザインは結構好きです。

 

 

その他、サイズは全く変わらず、重量は数グラム軽くなったくらいです。

 

 

ざっくりこんな感じです!

 

 

使用感に関しては後日レビューしましょうかね。

 

 

 

企業のICT化って

最近思うのですが、法人でのICT化って進んでいるのか、どうなのか。

私の主観でのお話なので、あしからず。笑

 

 

 

私の会社は営業に関してはモバイルノートPC+スマートフォンクラウドサービスを利用して、正直家でも仕事はできます。(理論上できるというだけ笑)

 

私自身はこれに+タブレットを使っています。

クラウドサービスはOffice365。

 

資料は全員でクラウド共有。細かいやりとりはスマホ

外出時でもメールは見れますし、資料は見れる+編集、作成も可能。

 

実際これ当たり前になってますが、出来なくなったら?

と想像すると…

というか想像できません!

というか仕事できません。笑

 

場所と時間にとらわれることがないので、生産性を落とすことなく働くことができます。

 

 

でも実際は企業様の半数以上はまだ導入していない。

導入していても一部だけ、といった状況です。

 

 

ITデバイスはまだ持ち歩いていない。

タブレットはあるけど、メールだけ。

持ちたいけど、会社が許可してくれない。

などなど…

 

 

もちろんセキュリティ的な問題等色々あると思うのですが、もうそうも言っていられない時代が来てるかと思います。

 

 

人口の減少に伴い労働人口は減少していく中で、特に中小企業は売上を上げていくにはいかに優秀な人材の確保するかが最重要課題となっています。

就職氷河期と言われた時代は過去の話で、現在は完全なる売り手市場。

 

せっかく確保した優秀な人材も働き方に多様性がない会社だと離れて行ってしまいます。

 

そうならないためにも多様性のあるワークスタイルを取り入れることは急務だと考えます。

 

 

そういった意味で企業のICT化はそれを解決してくれる最適な手段であり、企業の成長スピードを加速させることができる近道なのではないかと…

 

 

 

 

近々で事例として増えているのがフリーアドレス化やテレワーク(在宅勤務)。

 

オフィス移転と同時に、固定のデスクップPCはやめてモバイルノートPCのみ。

自席を固定せず、事務所に来たら空いているフリースペースで仕事をする。

 

小さな子供がいる社員がライフスタイルに合わせて働ける環境構築のため、事務所自体に出勤はせず自宅にいながら仕事ができるテレワークの導入など。

 

 

こういった多様性のある働き方を実現させるためのICT。情報通信。

 

 

実際テレワークやフリーアドレスは企業側の管理コストの大幅な削減にもつながります。

全員分の自席スペース、オフィスの固定スペースを削ることことコスト削減に繋がります。

在宅勤務の環境があれば、台風や大雨等の災害時は自宅で業務を行えばいいんです。

何時間もかけて通勤する手間と時間、事故等を考えれば圧倒的に生産性が高いはずです。

 

初期導入コストはもちろんかかりますが、導入後の生産性、多様性のあるワークスタイルでの離職低下を考えれば導入しないわけにはいかないですよね?

 

もちろん導入したものの、形骸化してしまうケースはあるので、ルール等は決めて導入前に運用イメージを固めておく必要はあります。

 

 

 

日本は通信インフラやICT化に必要な材料は揃っているのに実際は活用できていない割合が高いのが現状です…

 

 

もっとITデバイスを活用、ICT化を促進して最高のパフォーマンスを出しながらも、しっかり休みは取りプライベートも充実させていく。

そんな素晴らしい環境の構築をお手伝いできるよう弊社も頑張っていかないといけませんね。笑

 

 

ワークスタイルを変えたい!

生産性を上げたい!

ITデバイスをもっと活用したい!

 

お悩みの方はぜひ↓↓↓↓↓↓↓笑

 

 

www.biz-mo.com

MVNO③

さて…

MVNO第3弾ですね笑

 

 

スピードの話ですが、実際に計測してみました。

 

 

 

計測したのは、下記の3つ。

 

■キャリア(Soft◯ank

docomoMVNO(FR◯ETEL)

auMVNO(U◯mobile)

 

 

 

まずは大本命大手キャリアから。

 

 f:id:kametak01780504:20160913225434j:image

 

うーん!まずまずの結果ですかね!

計測したのは全てiPhone6s。

測定アプリはRBB SPEEDを利用しています。

 

 

下り11Mbpsであれば十分ですよね!

Youtubeに関しても何のストレスもなく閲覧できるスピードです。

 

iPhone4sがでた時代はまだ3Gの時代でしたからね…

速度なんて2Mbps出てれば良い時代でしたね笑

 

 

ただキャリアはベストエフォートで187Mbps〜262Mbps出ると謳っていますが、実際はこんなもんです。

ベストエフォートは理論上出るスピードの最大値ですから、実際は大量の人が回線を使用しているので速度はどんどん遅くなります。

回線を高速道路に例えましたが、ガラガラの道路なら法定速度の100kmを出せますが、渋滞していたら…

そんなスピード出せませんよね…

 

 

 

では…docomo系のMVNO行ってみましょう!

 

 

 f:id:kametak01780504:20160913225528j:image

 

あれ?

キャリアより早いですね。笑

計測した私自身びっくりしてます笑

 

もちろんMVNOなんでお昼間に関しては速度が落ちてしまいますが、それでもキャリアに勝ってしまうとは…

 

上りが21Mbpsと早い結果が出ていますね。

スマートフォンを使っているとあまり上りの重要性は取り上げられませんが、速いことに越したことはないです。笑

 

 

docomo系の回線なので通信エリアは広いですし、地方や田舎に行った際にはとても心強いですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

ではau系行ってみましょう。

 

 f:id:kametak01780504:20160913225507p:image

 

おお!!

下りで最速の23Mbpsが出ました!!

キャリアの倍以上の結果です。

 

ちなみにこのau系は私自身のiPhoneなんですが、数ヶ月前に本家auよりMNPMVNOに変更しました!

 

 

私自身もビックリなのですが、速度が全く落ちないんです。

本家より速いこともしばしば。

 

 

 

お昼間は速度が落ちやすいと言われるMVNOですが、私が契約しているauMVNOは少ししか速度が落ちません!

 

やはりau回線ということと、ユーザー数が大きく関係しているのでしょう。

 

 

 

 

実際もともとは私もスピード狂でした。笑

キャリアに絶対的な信頼も置いてましたし、各地でスピードを測定しては速い速度が出るとワクワクしてましたね笑

 

でも実際そのスピードが出たとしても利用している大半はそこまで必要ないんですよね…

 

速度を生かした映画鑑賞やMUSICもストリーミングもすぐ容量制限の上限に行ってしまいますし…

 

 

なのにキャリアに高い料金を払い続けていました。

 

 

 

実際にキャリア→MVNOに変えてみて体感レベルで変わったなと思うことはほとんどありません笑

 

 

ですが月々の支払いは4分の1ですよ!?

 

 

 

変えない理由が見当たりません笑

 

 

実際にMVNOも侮れないクオリティになってきたわけです。

 

 

自分のライフスタイルにあった選択をしていけばお得に”通信”と付き合っていくことも可能なのではないでしょうか??

 

 

 

 

ちなみに法人利用にも最近MVNOが広がりを見せています。

法人の利用も特定の利用シーンを除けばMVNOの回線でも十分対応することができます。

 

 

回線の主な利用方法がメールの送信と社内の共有ページを見るだけにキャリア並みの高速通信は正直ありません…

 

 

法人のキャリアはもちろん一般的な価格より安くなっているケースはあります。

 

が、実際は縛り期間が長かったり、解約しようものなら莫大な解約金がかかるなどの制約が付いてきます。

 

 

ですがMVNOなら?縛りも短く、解約金も大したことありません。

通信=キャリアという考え方はもう過去のお話なのかもしれませんね…

 

 

法人で必要不可欠なアフターに関しても充実なサービスを展開している会社も出てきてますよ!

バイルだけに限らず、タブレットWiFiルーター、ノートPCに至るまでSIMとセットで提供も可能なんです!

 

これからフリーアドレス、在宅勤務が法人市場ではキーワードになってくると思うので、そういった利用にも対応できるのではないかと!

 

 

 

 

※気になった方は最後のリンクへどうぞ。笑

 

 

 

 

 

 

 

以上MVNOのあれこれ調べてみたでした。

ご参考になれれば幸いです。

 

 

 

 

 

www.biz-mo.com

 

 

 

 

MVNO②

前回の続き…

MVNOの品質についてですが。

その前に。

 

 

 

そもそもMVNOには大きく分けて2つの回線が存在します。

 

1つはdocomo回線、もう1つはau回線。※Softbankも厳密にはあるのですが今回は割愛します。笑

 

前回の話で、MVNOはキャリアの回線網を借りているだけだとお話ししましたね!

つまり、通信エリアに関してはキャリアと同じなんです。

 

繋がりやすさ、使っている電波も全く同じ!

 

あれ?ではなぜ価格が安いのか?なぜ品質がと議論されるのか?

 

 

 

 

 

 

問題なのは使っている回線の太さにあります。

 

よく例えられるのが、回線=高速道路の説明です。

回線=高速道路の車線です。

キャリアの回線は片側4車線の道路に対して、MVNOの回線は片側2車線なのです。

 

つまり一度に通れる車の量が違ってきますよね?また2車線の道路に大量の車が通行しだしたら何が起きるでしょうか?

 

 

 

そう!渋滞してしまうんです。

キャリアの回線(車線)は4車線なので、MVNOに比べて渋滞がしにくいのはわかりますよね?

 

 

 

結論何が違うかというとスピードが違ってくるんです。

繋がりやすさも同じ、使っている電波も同じですが、通っている車線のみが違うんです。

渋滞が起きやすいということは、スピードがキャリアに比べて遅いということ。

 

 

厳密には遅くなりやすいという表現が正しいですかね!

キャリアは自社の回線の太さや交通整備をしている関係で多くのユーザーが一度に利用しても速度が落ちないように調整していますが、MVNOは利用が集中するお昼の時間帯などは混雑し回線のスピードが低下してしまいます。

 

 

 

最初にお話ししたdocomo系とau系の回線に戻りますが、スピードで言うとdocomo系の回線の方が平均的にスピードが出にくい傾向にあります。

原因はユーザー数の違いが大きく影響していると思います。

 

 

 

 

docomo系のMVNO事業者とau系ではMVNO事業者では前者の数が圧倒的に多いです。

背景にはdocomoMVNO事業者への回線の卸価格が安いという実情が大きいのでしょうか…

一時期勢いを失っていたdocomoですがなんやかんやでまだシェアNO1ですからね。

 

 

 

あとはauの回線はdocomoSoftbankとは根本の通信方式が違うことがもう一つの理由でしょう。

docomoSoftbankはW−CDMA方式。

auCDMA−2000方式です。

簡単に言うとauの回線は日本では取り扱いにくいのです。

 

 

 

そういった理由で、MVNOdocomo回線と言っても過言ではないほど事業者も多く、ユーザーも多い。

なので通信スピードも総じて遅くなりやすい傾向にあります。

 

 

ただ言うようにスピードが唯一の大きな違いであって、エリアや繋がりやすさといったことはキャリアと同じなので自分のライフスタイルに合っているキャリアを選べば問題ないと思います!

 

docomoは繋がらなくてauは繋がるところもいっぱいありますもんね!

 

 

 

 

 

 

 

では実際のスピードはどうでしょうか??

 

スピードに関してはまた後日。笑

驚きの結果を乞うご期待。笑

 

 

www.biz-mo.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MVNO

つい先日大きなニュースになっていましたが…

ついにあのLINEがMVNOに参入しました。

500円からという破格の値段でスマホを利用できるようになります。

 

その前に…MVNOって?

大手通信キャリアである”docomo” ”KDDI””Softbank”の回線を借り受けて、独自のサービスとしてユーザーに通信を提供するサービスのことです。

ややこしいですよね。笑

 

数年前までは通信=上記の3キャリアのみという状態でした。

過度なキャッシュバック合戦や似たり寄ったりのサービスになっていることに対し、総務省はサービスの活性化を促すため新規事業者が参入しやすいように電波網を貸し出すことを義務化させたんですね〜

 

もともとは国が管理していた電波網、かつここまで進化したインフラである電波を新規事業者が簡単に構築及び整備することはほぼ不可能です。

なので総務省は管理や整備をキャリアに残したまま、電波の部分だけを新規事業者に貸し出す形で進めることにしました。

 

当初はなかなかシェアも伸びなかったこのMVNOもこの2年ほどで爆発的な市場成長を見せています。

 

ではこのMVNO、何がいいのか??

それは圧倒的な格安料金です。

 

 

 

 

 

キャリアの料金と比べてみましょう。

ほぼほぼどこのキャリアも価格は横ならびですが…

 

【キャリア】

電話かけ放題+データ通信2GB=6,500円

 

月の通信量が1番少ないプランでこの金額です。

 

ではMVNOは?

 

 

 

 

 

 

MVNO

 

通話+データ3GB=1,680円

 

なんと4分の1ほどになってしまいました!! 

 

 

もちろんMVNOは電話かけ放題ではないのですが、それを差し引いたとしても驚異の価格です。

 

 

実際にスマホでそこまで電話してますか?

私の場合、月に電話する回数はせいぜい2、3回程度です。

 

今はLINEなどのSNSが普及しているので、昔に比べれば大幅に電話の回数は減っていると思います。

 

簡単な計算ですが、月に90分以内の通話時間であれば、キャリアに比べても確実に安くなります。

 

 

 

ここまで価格の差が出てくると…考えちゃいますよね??

もちろんスマートフォンタブレットの端末代金がかかってきますが、キャリアは総務省からの指導が入っているので昔のように端末代金を大幅に値引けなくなってきてます…

 

 

 

 

また端末に関しては、中古の市場も充実してきており、キャリアロックのかかってない端末もどんどん出てます!

なんと2万以内でスマートフォンが買えちゃう時代に!

 

 

今まで携帯、通信=キャリアで買うのが当たり前でしたが、これからの時代はMVNOと中古端末を利用すれば年間の通信費を大幅に削減できるのではないでしょうか??

 

 

 

 

でも実際MVNOって品質は??

気になるところですよね!

それはまた次回に。笑

 

 

 

では!

 

企業のIT戦略をアシスト|法人向けMVNO通信サービスBizmo

 

 

 

 

 

 

 

 

iPhone7

ついに噂されていたiPhone7のスペシャルイベントが開催されました。

ざっくりの感想としては、リーク通りだなと…

iPhone5sの発表のときくらいからリークとまんまなんですよね…

ええ!?というようなサプライズはなく、なるほどね!っといった感じで。

 

私はiPhone4sよりのiPhoneユーザーで、実は毎年購入してます。

2サイズでリリースしたiPhone6からは、iPhone6⇒6Plus⇒6sPlus⇒6sという笑

 

今回のiPhone7をまとめるとこんな感じ

 

■新色が追加(ジェットブラック)

■IP67の防水防塵仕様

■ホームボタンが感圧式に

■光学手振れ補正付き(6sは付いてなかった)

■7Plusはデュアルカメラ(光学ズーム可能)

■ステレオスピーカー

■イヤフォンジャック廃止

Felica搭載

■A10Fusionチップ

■6sに比べ2時間も電池長持ち

■16GB廃止 256GB追加

 

といったところでしょうか!

本当にリークのまんま。笑

 

インパクトが大きいのはFelica対応といったところでしょうか?

日本ではおサイフケータイとして広く普及しているFelicaですが、今ままでのiPhoneは非対応。

Androidは対応していたので、本当はiPhoneにしたいけどおサイフケータイが…

といった人には朗報ですね。

FelicaiPhoneに対応するとSuicaなどの交通系電子マネーiPhoneで利用可能になります!

改札もiPhoneでタッチアンドゴー!

コンビニ各社も利用可能みたいです。

Felica対応によりApplePayも日本で爆発的に普及するのでは?

 

2020年の東京オリンピックも想定してでしょうか?笑

どちらにせよ便利になるのは間違いなしです。

 

Appleは昔からですが、ユーザーの気持ちに応えているようで、応えていない。

Appleが作り出すイノベーションなのか、スタイルの提案なのか、とにかくAppleイムズをユーザー側にどやっ!と言わんばかりに叩きつけてきます。

 

ただ賛否両論あるかと思いますが、これが不快でない。

なぜか「なるほど。よくわからないけど凄い!」と思ってしまい、Appleが提案する”それ”を使っている自分をイメージしてしまうんですよね。

購買意欲を駆り立てるというか…

なので私は毎年iPhoneを買ってしまっているんですね笑

 

人間の購買心理を凄まじく突いてると思います。

どんな商品も人間は買うときにイメージします。

自分がこの家に住んでるイメージ、この車に乗っているイメージ。

このiPhoneを使って生活が便利になっているイメージ。

Appleは商品を売るというよりも、その商品を使うとこんな感じになるんじゃない?とうイメージの伝え方が恐ろしく得意なんだと思います。

サイトを見ても、CMを見てもそれは随所に現れていると思います。

こういった角度で発表を見ても面白いのではないかと!笑

 

 

今回のiPhone7に関してもネットでは、こんなの買わないだろ?とか、Appleも終わったとか、ジョブズがどうとか書かれるかと思いますが、自分のライフスタイルにマッチするのであれば買ってもいいんじゃないかな?とも思っています。

 

今回の発表は他にも…

■AppleWatch2

■Airpods

 

実は私このAirpodsが今回の発表で一番キテマス!

正直買うでしょう!

 

コードレスのイヤフォンですね。

単体で5時間の電池持ち、専用ケースで24時間使えます。

Bluetoothみたいなめんどくさいペアリングは必要なし。

ちかくにiPhoneがあれば次ぐ使えます。

 

イメージしてしまってます。笑

 

iPhoneは9月16日に発売。

日本ではキャリアがどういった価格帯で展開するのか気になるところです。

 

では。