~Bizlog~

電波に埋もれる毎日。

働き方

こんな記事が上がってました。

 

テレワーク導入で売上2倍という事例も。日本マイクロソフトが「働き方改革週間」を実施 ~今後の課題は社員の躊躇の撤廃。カラオケボックスを貸し会議室にする取り組みも紹介 - PC Watch

 

 

 

 

本当にそう思います。

 

 

 

 

営業会社であるにもかかわらず、導入を検討もしていないのは如何なものかと。

 

 

 

 

もちろんセキュリティや業種業態等問題点はあるかと思いますが、真剣に考えてワークスタイルは変えていく必要は十分にあるかと思います。

 

 

 

 

 

経営者の思いと、働き手の願いをうまくリンクさせるいい手段だと思うんですけどね…

 

 

 

 

 

実際に賛否両論あるかとは思いますが、実際営業をびっちり時間詰めて、効率よく案件を…なんて考えて本気で取り組んでる営業マンが何割いるのでしょうか?

 

 

 

 

2:6:2の法則とかよく言いますが、本当に現実そんなもんです。

2割もいれば凄いのでは?

 

 

 

 

 

問題は6の部分の人達。

 

 

 

 

 

 

仕組みさえあればもっと上位の2のメンバーに寄ってくれると思うんです。

 

 

 

 

 

仕事だけが人生ではないですし、プライベートももちろん充実させたいんです。

一般的にはですが…

 

 

 

 

 

 

もし仮に平日18時に家に帰ってることを想像してください。

 

 

 

 

 

そこから何でもできるような気がしませんか!?

 

 

 

 

 

もちろんそういった仕組みを実現している会社は素晴らしいですし、ちゃんと一定数あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ実際ニュースでも上がっていた電◯の過労死も含め、まだまだ仕組みが出来上がっていない会社は多いのではないでしょうか??

 

 

 

 

 

 

 

ただ導入すればいいってものでもありません。

 

 

 

 

 

 

ルールを決めること。

 

 

 

 

 

そして評価制度も変えていくこと。

 

 

 

 

 

そうやって真のテレワークによる新しいワークスイタルへ近づくんだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは完全に私の主観であり、持論ですが…

 

 

 

 

 

 

 

完全なる導入ができれば生産性は今の3倍以上にはなると思います。

 

 

 

 

 

実際本当に無駄に時間を浪費していると思います。

 

会社に帰れないと仕事ができないなんて…

 

 

往復の電車移動の時間で1時間かかるなんてざらにありますからね。

それでいざ会社で生まれる時間が10分程度…

 

 

 

勿体無さすぎます。

 

 

 

 

 

 

テレワークが実現さえすれば…

 

 

生産性上がる→評価される→結果が出る→さらに結果を出す。

 

効率的になる→残業が減る→プライベートの時間が増える→気持ちが充実する→仕事もやる気が出る。

 

 

 

 

 

というね。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

実際簡単な道のりではないですが、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

トライしていきましょうよ!!!!

 

 

 

 

弊社ではそんな熱い想いを胸にご提案させていただいております。

 

 

www.biz-mo.com